エックスサーバー退会から復活までの流れ

初めに、エックスサーバーと再契約をする直前の状態を簡単にまとめておく。

・インフォパネルにログインは可能(ステータスは退会済み)

・ドメインは解約申請済みだが、有効期限がまだ残っている状態

・退会前に運営していたサイトは全てリセットされ、まっさらな状態

 

この状態でエックスサーバーのカスタマーサポートに

「再契約をしたいのだが、新たに申新規に込みをし直す必要があるのか。それとも過去に使っていた会員IDを再度利用できるのか。」
と問い合わせたところ、以下の回答を得られた。

 

上記会員ID(過去に使っていたID)につきまして、退会のキャンセルをご希望の場合は対応が可能でございます。

ただし、ご利用であったサーバーアカウントにつきましては復旧いただくことがかないませんので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

※新規にサーバーをお申し込みいただき、ドメイン設定やデータ
 のアップロードを実施いただければ利用自体は可能でございます。

つまり、新規の会員登録申し込みをする必要はなく、カスタマーサポートに退会のキャンセルをしたい旨を伝えれば過去に利用していた会員IDを再利用できるということだ。
また、今回は希望しなかったがドメインの解約申請のキャンセルも併せて対応可能とのこと。
ただし、過去に運営していたサイトのデータを復旧することはできず、当然だがサーバーは新規に申し込むことになる。

上記の回答を得た直後、退会のキャンセルを改めて申請。
この申請は20時に出したのだが、深夜1時にキャンセル処理が完了したとの連絡が来ていた。サポートは24時間稼働しているのだろうか。

さて、再加入前はインフォパネルにログインは出来てもサーバーの申し込み等は「退会済みの人は駄目だぞ」とシステムに拒否されたが、再加入後は問題なくサーバーの申し込みが可能となっていた。

ちなみに、この申し込みをした時期はエックスサーバーがドメインを無料でプレゼントしてくれるキャンペーンを行っていた。
本来なら年間1000円程かかるドメインを、解約するまで無料で使い続けていいよというものだ。
このキャンペーンは「新規会員登録」ではなく「新規サーバー申し込み」をした人が対象となるようで、退会からの復活組である私もこのキャンペーンを受けることができた。

サーバー申し込みを終え、過去に使っていた「kaerukun6.com」のドメインも再利用が可能に。先に記した通り過去にあったコンテンツは全て消滅しているが、今回必要だったのはサイト内コンテンツではなくkaerukun6.comというサイトそのものであったため問題はない。

また、復活させたこのサイトとは別に新しく立ち上げたサイトがあるのだが、次の記事からはその新しいサイトの作成、カスタマイズについて記していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です